シドニーの達人.com[シドニーの基本情報]

PC情報

海外でインターネットを利用するには何が必要?シドニーのPC情報。

● オーストラリアでインターネットを利用するには?
旅行中でも、はたまた在住している場合でも、離れて住んでいる家族や友人、仕事関連でお世話になった方達と連絡を取りたい時、やはり料金が高い国際電話や、時間がかかる手紙よりも、安くそして一瞬で連絡がとれるインターネットやEメールを使いたい場合があります。特に携帯に海外から(もしくは日本から)Eメールをやり取りしていると全く距離感を感じません。このインターネット(Eメール)の恩恵は旅行者だけでなく、海外に定住している方達にとっても素晴らしいものです。しかしそうはいっても海外にいると、どこで使用できるのか、またはコンピュータを手に入れるのはどうしたらよいか、いろんなことがわからないと思います。その点について調べてみました。大きな方法として2つあります。1)インターネットカフェを利用する通称ネットカフェと呼ばれるものです。看板にネットカフェと書いてなくてもインターネットまたはEメールと見出しが記述されていればネットカフェを指します。日本ではそれほど数が多くないネットカフェですが、オーストラリアの観光地、宿泊施設内及び近くには必ずといってもいいほどインターネットカフェはあります。2)自分で環境を構築するノートパソコンを持っていって、宿泊先のホテルや、フラットなどで利用する方法です。ワールドモデムを利用して、ネット環境を構築する方法もあれば、現地のプロバイダと契約してADSL環境を構築する方法もあります。または長期旅行や定住であれば、現地ですべての機材を購入する場合もあります。特に日本で自分自身でインターネット/ネットワーク環境を構築できる人であれば問題ないと思います。 ● お気軽にご利用編
とりあえずHotmailなどのWEBメールをチェックして、インターネットを利用して好きなサイトの掲示板を訪れる程度でしたら、インターネットカフェを利用するのが一番オススメです。 ・ポイント1ネットカフェを利用する前に大事なことがあります。まずWEBメールアカウントを取得しましょう。いろんなサイトで無料で発行してくれますが、日本語を海外で利用するとうまく受信ができなかったり、化けてしまったり、トラブルが多々あります。今の所、Hotmailがお勧めです。ログイン画面も各国の言語で使用できるので、便利です。もし英語しか使えないネットカフェで、ローマ字や英語でメールをやりとりしようと思ったとしても、日本語のログイン画面しかないWEBメールサービス提供サイトでは、海外の日本語フォントがないネットカフェで見ると、文字化けを起こしログインする所をみつけられなかったり、ページの表示そのものができない場合があります。なので、日本語メールを文字化けすることなく使用できて、さらに英語のみの環境で英語のメールを出す場合もストレスなく使用できるのは、今の所Hotmailをお勧め致します。Hotmailにはウィルスチェックのサービスも無料でついているので安心です。・ポイント2たまってきたメールをどうするかは頭の痛い所です。利用できるディスク容量が少ない場合にはこの問題をどうにかしないといけません。その場合は、メールを保存する為のサブアカウントを作成しましょう。特に容量が大きいことをアピールしているWEBメールサービスのサイトでサブアカウントを作成することをお勧めします。メインアカウントのメールボックスには、大事なメールとアドレス帳を作成するなど、それ以外はサブアカウントの方にメールを転送して、バックアップをする感覚で利用するのも一つの手段です。・ポイント3必ず気をつけたいのは、WEBメールを利用した際、忘れずにログアウトを行う事です。利用しているWEBメールサービスによって違うのですが、ログアウトをしない場合、数時間ログインが続いた状態になります。もし利用したブラウザを閉じ忘れた場合、他人が自分のメールの内容をみる可能性があるということになります。またログインする場合、ブラウザがパスワードを保存する機能を持っている場合は、必ず利用する前に保存しない設定にするか、利用した後に削除を行いましょう。自分専用のパソコンで使う場合には便利ですが、不特定多数の方が一つのパソコンを利用する場合は、不便な機能もあります。WEBメールのログインするユーザー名、パスワード、またはネットショッピングをした場合、クレジットカード番号などの扱いには気をつけて下さい。・各情報センター日本語でツアーを紹介したり、シェア募集、仕事募集、売り買いなどの掲示板や張り紙がある旅行/ワーキングホリデー情報センターにもインターネットを使用できる環境があります。安い所は人気なので常に人で満席になっていたりしますので、その時は街中のネットカフェ屋さんを利用する感じです。● 準備万端がんばり屋さん編
滞在が短期、長期問わず日本から一式機材を持参してこられる方もいらっしゃいます。日本語がつかえるのと、日本で使っていたものをそのまま持参する方が慣れているものを使えるので安心です。ただ機材によっては保証内容をよく読んでみることが大事です。国内のみの使用において壊れた場合無償修理を行うなど、記述されているものがあります。1)ローミングまず短期の方にお勧めなのは、日本で使用していたプロバイダのローミングサービスを利用することです。おそらくそのローミングはGRICを利用したローミングサービスだと思います。プロバイダに利用方法などが詳しく書いてあると思いますので説明は省きますが、そのサービスを利用すれば、3都市周遊などのツアーでも、気軽にホテルなどの滞在先でアクセスポイントに電話をかけるだけでネット環境が構築できます。SO-NETなどはアクセス料金が無料なので、プロバイダを乗り換えようとしてる方はローミングサービスが便利なプロバイダを選んでおくと将来良いかも知れません。2)現地のプロバイダとの契約オーストラリア国内をぶらり旅する方にとってはローミングサービスは力を発揮してくれるものですが、それなりに一定期間ある場所に滞在するのであれば、現地のプロバイダの安価でさまざまなサービスを利用する方が便利な時があります。 オーストラリアでは、まだまだダイアルアップ接続が主流です。ADSLもぽつりぽつりとサービスを行っている所があるのですが、まだまだのようです。ちなみに日本と違うのは、ダウンロード制限というのがあります。一ヶ月ダウンロードは数百MBまでという制限があります。契約時にいろいろダウンロード制限のタイプを選択することになります。簡単にオーストラリアの有名なプロバイダを紹介します。1)テレストラ(ビッグポンド)
http://www.bigpond.com
日本でいうとNTTにあたる通信会社です。

2)オプタス

http://www.optus.com.au
ここも通信会社です。携帯電話でも有名です。

3)アイ・プライマス

http://www.iprimus.com.au
最近人気なプロバイダです。テレストラのサービスは良くも悪くも有名なので、プロバイダを乗り換える人はこのプロバイダに流れてるようです。


・ポイント1
ノートパソコンを持参する場合でしたら、電源アダプタにINPUT 100V-240Vと記述されているのを確認しましょう。オーストラリアは電圧が240Vです。また電源アダプタはOタイプと呼ばれるものが必要です。またモデムはワールド(グローバル)モデムと呼ばれるものを使用しましょう。

・ポイント2
電話代はローカルコールでしたら、一通話20セントくらいでかけれますので、ネット料金を気にする事はほとんどありません。一旦接続したら何時間でも20セントで使用可能です(最大接続時間がプロバイダによって決められてるので一定時間を過ぎれば切断されてしまいますが)。オーストラリアでのネットコストは本当に想像以上に安くすみます。またテレストラのプロバイダを選んだ場合、サービス形態によっては、アクセスポイントの電話番号がフリーダイヤルなので、基本的に通信料がかかりません(平均一ヶ月30ドルの固定料金です)。
  

● 現地で全て行ないたい方編
すべて現地で手に入れたい場合はお近くのパソコンショップに行って見ましょう。英語がそれなりにできればなんの問題もありません。またパソコンの周辺機器は、日本で買ったものでもオーストラリアで買ったものでも、問題なく使用できると思います。たまに相性と呼ばれる現象で使えないものがあると思いますがそれは日本で購入したものも同じことです。

さて、シドニーでのパソコンショップ情報ですが、秋葉原みたいにかゆいところまで手が届くように、たくさんの品物を置いてあるショップは残念ながら今の所ありません。ただ、それなりに困らない程度にはパソコンやディスプレイ、プリンターなどのものから、キーボード、ネットワークカード、モデムカード、ルーターなどの周辺機器もそれなりに販売しています。



同じカテゴリー(シドニーのインターネット・電話)の記事画像
携帯電話を利用する
同じカテゴリー(シドニーのインターネット・電話)の記事
 携帯電話を利用する (2011-02-22 09:04)

投稿日: 2011年02月22日


削除
PC情報
    コメント(0)